aga対策に興味がある?それならば食生活の改善から始めよう!


髪の毛にはどんな栄養素が必要か?

食生活は髪の成長サイクルに必須の栄養素を供給する機会になるため、もしこれからaga対策を検討するなら、まず食生活の改善から始めることがベターでしょう。そしてその必須の栄養素こそ、タンパク質とビタミンそして亜鉛です。これらは「髪の三大栄養素」とも呼ばれ、特にタンパク質は重要な位置を占めます。なぜなら髪の毛の90パーセント以上が、ケラチンと呼ばれるタンパク質から構成されているからです。

髪の三大栄養素はどんな食物から摂取できる?

まずタンパク質には大きく分けて動物性と植物性があり、前者は肉や魚あるいは卵や乳製品を中心に多く含有されています。また後者では大豆や納豆さらに豆腐やおからのように、豆製品に多く含まれることで知られます。ただし植物性タンパク質だけでは必須アミノ酸が少ないため、比較的多く含まれる動物性タンパク質と併せて摂取するのが理想でしょう。

次にビタミンにおいては、ビタミンB群とビタミンEそしてビオチンが、髪の成長には役立つことで知られます。特にビタミンB群は毛母細胞の分裂をサポートしたり、頭皮皮脂分泌量をコントロールするため、極めて重要な栄養素と言えます。ちなみに日頃の食事では玄米や豚肉に多く含有されるB1、レバーやうなぎに多いB2、バナナやナッツに目立つB6、そして貝や牛乳に多く含まれるB12などを中心に、上手に取り入れるとよいでしょう。

最後に紹介する亜鉛には、先述したケラチンの生成に深い関わりがあると言われます。亜鉛を多く含む食物としては、生牡蠣や海苔あるいはチーズやレバーなどが有名。手に入りやすい身近な食物が中心なので、普段の食事に取り入れるのも難しくないはずです。

agaを千葉のAGA外来で治療すると、病院しか処方できない「飲む薄毛治療薬」などを使って治療することが可能です。