agaの対策をするには!セルフでも対策できるの!?


男性ホルモンが引き起こす脱毛

agaとは、主に男性ホルモンが影響して起こる頭髪の脱毛症状のことです。男性ホルモンが影響するので、特殊な例を除いて男性にしか発症しません。体内で作られた男性ホルモンが特定の酵素と結びつくことで、脱毛を促すホルモンが生まれるという仕組みです。そして症状の度合いやいつ頃から脱毛が始まるのかは体質に左右されます。早ければ20代前半から症状が出始める人もいます。

専門機関の方が確実性は高い

頭髪の脱毛症状は色々な原因があり、中には余分な皮脂を取り除くなどの対策が有効的なことがあります。ただagaの場合は遺伝的な要因なので、セルフでの対策は非常に難しいです。したがって確実性を高めたいのであれば、皮膚科やagaの専門クリニックなどに通って対策をした方が良いです。専門機関では薬の処方が受けられるでしょう。すでにagaに対する効果が期待できる成分は見つかっているので、症状を抑えられる可能性が高いです。男性ホルモンと結びついて脱毛を促す、酵素の働きを阻害する成分です。また専門機関では検査をすることによって、脱毛症状が本当にagaによるものなのかどうかも明らかにできます。

ただ専門機関での治療の方が確実性が高いというだけで、セルフでの対策が全く無意味というわけではありません。使用する薬はあくまでも脱毛を抑制するためのものなので、発毛は別の方法で促進させてあげなければならないからです。したがって主に食事面で、髪の主成分となるたんぱく質や、発毛をサポートする野菜を積極的に摂るなどの工夫はした方が良いでしょう。逆に皮脂が多くなりすぎるのを防ぐために、脂っこいものはなるべく避けることが望ましいです。

agaを仙台の来院不要の病院にオンライン相談すれば、薬をプライバシーに配慮した包装で届けてくれる所もあります。